ようにゃんのにっき

@windblume の日記です。はるかまきりやiOS開発の話をメインに、神戸の話も書いていきます。

iPhoneの復元に時間がかかる時の対策

iPhone7の予約どうでしたか?

私はジェットブラックをauオンラインショップで予約したのですが、ジェットブラックは人気なのか生産数が少ないのかいつ届くかなーって感じです。

ここのところ、iPhoneの調子が良くなかったので、バックアップから復元する時にちょっと引っかかったので解決策をまとめておきます。

f:id:Windblume2007:20160911220035j:image

iCloudとiTunesのバックアップ

復元しようとする場合は、iTunesにバックアップを作成してから、復元するのが良いです。コンピュータのから直接転送されるのでiCloudから復元するよりも早く終わることが多いと思います。iCloudから復元するとネット経由になるので、ネットワークの良し悪しに左右されるのでちょっと不安定な時があります。iPhoneを持ち歩いていて完全に壊してしまったときなどは、iCloudに夜間充電時に定期的にバックアップを取ってくれているで便利ですけどね。

いつまでたっても復元されない。

今回はiTunesから復元した時にすごく時間がかかりました。というよりは、残り時間が100時間以上と表示されて、あきらめて色々試してみました。検索するといろんな情報(DFUモードにするなど)が出てくるのですが、どれもダメでした。何回も工場出荷状態へ戻したのですが。

解決策、バックアップを作成したiPhoneには入っていたSIMを入れておく

f:id:Windblume2007:20160911220410j:image

普段使っているiPhone6sPlusの復元を行ってる時に、電話を使う必要があって以前のiPhone6PlusにSIMを差し替えて使っていました。iTunesから復元されているiPhone6sPlusにはSIMが入っていない状態だと復元が始まってしばらくするとやはり100時間以上の残り時間表示になりました。もう初期状態からセットアップをやるよ、もう復元いいやと思いつつ、SIMを取り付けて最後に一回試してみたら1時間程度で復元が完了しました。SIMの情報が必要なのかなど、なんで復元がうまくいったかはよくわからないのですが参考になればと思います。

 

来週発売されるiPhone7にバックアップから移行する時につまづいたら試してみてくださいね。